よみうりカルチャー大森が140字小説コンテストを開催 審査員に作家のほしおさなえ氏

Baidu IME_2016-5-8_22-42-50

全国1億3千万の140字小説ファンの皆さまに朗報です。

「140字小説で物語名刺を作ろう」を開講しているよみうりカルチャー大森が、140字小説コンテストを開催しています。

5/7より募集を開始しており、締め切りは7/4(月)とのこと。「秋」または「森」というテーマで、一人2編まで作品を応募することができます。

審査委員には、これまで140字小説を500編以上発表しているほしおさなえ先生もいらっしゃいます。

詳しい募集要項については、以下のページをご確認ください。

【作品募集】「140字小説コンテスト」を開きます!:お知らせ:よみうりカルチャー大森:よみうりカルチャー

大賞を受賞した作品は、なんと受賞作品を印刷した名刺100枚を受け取ることができるうえに、来秋のよみうりカルチャー秋号の案内チラシに作品が掲載されるとのこと。

また、運営の方に問い合わせたところ、Twitterやブログ、同人誌に掲載した作品の応募もOKという回答を得ることができました。先にTwitterなどで発表して様子を見て、反応のよかったものを応募するというのも一つの手かもしれません。応募できるのは一人2編までなので、厳選して応募したいですね。

また、よみうりカルチャー大森では上にも書いたように「140字小説で物語名刺を作ろう」が開講されています。4月期は残り6/4しか開講されませんが、7月期以降も開催されるということです。

これを機に、140字小説がもっと盛り上がるといいなと思っております! 私もほしおさなえ先生には負けますが、200~300編ほどは140字小説を書いておりますので、140字小説に対する思いは人一倍強いつもりです。

もちろん、私もこのコンテストには応募するつもりです。いつもはふっと思いついた情景を書くので、テーマにそって140字小説を書くというのは少し難しそうですね。しかも、「秋」も「森」もシンプルなので、書き手の力量が試されるでしょう。

140字小説を書いてきたという方も、まだ書いたことがないという方も、ぜひ挑戦してみてくださいね!