太宰・朔太郎の名作がイラスト付きで蘇る『乙女の本棚』 巻末エッセイに最果タヒ

   

Pocket
LINEで送る

太宰治・荻原朔太郎の名作と人気イラストレーターのコラボレーションシリーズ『乙女の本棚』が11月25日より立東舎から発売されます。

第一弾は、太宰治『女性徒』と荻原朔太郎『猫町』が二冊同時に刊行。

『女性徒』は、ファッションブランドAngelic Prettyなどを手掛けるイラストレーター今井キラと、『猫町』は、刀剣乱舞などのキャラデザで知られるイラストレーターしきみとのコラボレーションで、大正・昭和に活躍した二人の文豪の名作が蘇ります。

巻末エッセイは、詩集『夜空はいつでも最高密度の青色だ』、短編小説集『 少女ABCDEFGHIJKLMN』、エッセイ『きみの言い訳は最高の芸術』など文芸界で八面六臂の活躍をする最果タヒがシリーズ共通で担当しています。

また、12月19日には第二弾として太宰治『葉桜と魔笛』が刊行されます。担当のイラストレーターは『まんまこと』などのコミカライズなどで知られる 紗久楽さわ。

価格は、いずれも税込み1,944円。大正・昭和浪漫の好きな方々はぜひ手に入れていただきたいです。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
あとーす
あとーす
蓼食う本の虫 主宰。文芸同人「無間書房」で短編小説や140字小説を書いています。

 - news