小説を書く人のためのQ&Aサイト「Genko」の歩き方

   

Pocket
LINEで送る

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-001

小説を書く人のためのQ&Aサイト「Genko」の運用を試験的に開始しました。本サイト「蓼食う本の虫」のサブコンテンツという位置づけで運用しております。

Yahoo!知恵袋などの特化版だと思っていただけますと幸いです。

それでは、小説を書く人たちで質問・回答をしあえる本サービスの歩き方を紹介いたします。

2つのカテゴリ

2017年1月現在、Genkoには2つのカテゴリを用意しております。

できればカテゴリを指定して投稿していただけると嬉しいのですが、当てはまらない質問もあるだろうと考え、カテゴリなしで投稿することもできます。質問の傾向を見て、カテゴリ再編も検討させていただければと思います。

カテゴリ「執筆」

カテゴリ「執筆」では、その名の通り執筆に関する様々な質問をご投稿いただければと思います。
具体的な質問の方が回答はつきやすいと思いますが、ざっくりとした質問で議論を深めるような使い方をしていただいても結構です。

以下のような質問を想定しています。

①小説の書き方に関する質問

・プロットを上手くつくれないけれど、何かいい方法はないか?
・ミステリーに挑戦してみたいと考えているけれど、参考になりそうな書籍・Webサイトはないか?
・語彙力をつけたいと思っているのだけど、Twitterを利用して勉強する方法はないか?
・いつも小説の登場人物の名前をつけるのに苦労するのだけど、何かいい方法はないか?
など。

これまでの執筆経験や今までに行ってきた対応策などを併記すると、よりほしい回答を得ることができるでしょう。

②ツールに関する質問

・書いた小説の文字数を原稿用紙に換算したいんだけど、良いツールはないか?
・特定の機能を持ったテキストエディタがほしいのだけど、使ったことがある人はいないか?
・創作用のメモを取りたいと思っているのだけど、どうすればいいだろうか?
など。

こちらも、これまでに使ったことのあるツールと、それに不足していた機能などを書くと、より精度の高い回答が得られると思います。
Webツールやアプリに限らず、文房具やアナログな道具の質問でももちろん大丈夫です!

③議論を喚起するような質問

・純文学の定義とは?
・140字小説は「小説」と呼べるのだろうか?
・なぜペンネームをつける必要があるのだろうか?

など。

他の人が回答するときの足がかりとなるように、自分の意見もある程度書いておくといいかもしれません。
フラットな意見を集めるために、多くを書きすぎないという手もあります。ただ、上に書いた「純文学の定義とは?」のような質問は、どこから定義を始めればいいのか分からなくなってしまうため、「現代における純文学の定義とは?」くらいにするといいかもしれません(これでも十分にどこから始めればいいかわかりませんが…)。

カテゴリ「出版」

執筆だけではなく、その先の出版に関する質問も受け付けております。
カテゴリ「出版」は、以下のような質問を想定しております。

①小説の新人賞に関する質問

・この新人賞はどのような傾向があるのか?
・新人賞ではどのような点が見られるのか?
・地方の新人賞にはどのようなものがあるのか?
など。

小説を書いている方であれば、自分の作品が出版されることにも興味があることだと思います。デビューへのルートとして新人賞を目指している方も多くいらっしゃると思いますが、なかなか情報が手に入りにくい状況です。

そこで、皆さんの力で新人賞に関する知見も溜めていくことができればと考えております。

②電子書籍に関する質問

・電子書籍を出版するためにはどうしたらいいの?
・電子書籍用のファイルを生成するためにはどうしたらいいの?
・このツールの使い方がわからないんだけど、どうしたらいいの?
など。

出版のルートとして、個人での電子書籍出版も増えてきました。中には、かなりの収益をこの電子書籍から得ている方もいるようです。

ここ数年で出版のルールは目まぐるしく変わり、それはこの先数年も同じことでしょう。既存の出版方法に捉われないで済むヒントが、電子書籍には隠されているはず。疑問に思うことはどんどん投稿してください。

ポイント制度

Yahoo!知恵袋などと同じように、質問や回答などのアクションをするとポイントがつきます。

また、ポイントが一定数溜まるとレベルが上がっていきます。

たくさん質問をしたり回答をしたりすることが必ずしも良い質問者・回答者の条件ではありませんが、少なくともGenkoへの貢献度が高いということで、このような機能を導入しています。

ベストアンサーに選ばれると通常よりもポイントが多くなる、というようなこともありますので、皆さまレベルアップ目指して質問・回答をしていただけますと幸いです。

さいごに

上で質問の例をいくつか挙げましたが、もちろんここに書いていないような質問も受け付けております! カテゴリも今後増やしていく予定ですので、枠に捉われない質問をご投稿いただけると嬉しいです。

また、Genkoは参加する皆さまで作りあげていくものですので、ぜひご協力をお願いいたします。質問への回答はもちろんですが、そもそも投稿がなければ成り立ちません。この機会に、ぜひいつも疑問に思っていることを解決してみてください。

まだまだ始めたばかりのサービスですので、至らないところも多々あるかと思います。意見をいただきながら改善をしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

小説を書く人のためのQ&AサイトGenko

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
あとーす
あとーす
蓼食う本の虫 主宰。文芸同人「無間書房」で短編小説や140字小説を書いています。

 - その他