第33回太宰治賞の受賞作が決定

2017年5月8日、第33回太宰治賞の受賞作がサクラ・ヒロの「タンゴ・イン・ザ・ダーク」に決まった。

サクラ・ヒロは大阪府出身、神奈川県在住。1979年生まれ、37歳の男性。

贈呈式および記念パーティは、6月13日(火)午後6時より如水会館にて行われる予定。なお、受賞作には、記念品及び賞金100万円が贈呈される。

今回の応募総数1326通。一次先行を通過したのは106篇。二次選考通過が19篇。

最終候補には、受賞作の他に井上 タニシ(27・宮城県)の「ガンちゃんはきみっ!」、高本 葵葉(24・山口県)の「地下小劇場」が残っていた。

なお、今回の選考委員は加藤典洋、荒川洋治、奥泉光、中島京子の四氏。

同賞は1965年に第一回が開催された歴史ある賞で、1978年の第14回で中断した後、1999年の第15回から筑摩書房と三鷹市の共同で主催している。近年は、「ポトスライムの舟」で芥川賞受賞を受賞した津村記久子が「マンイーター」(刊行時「君は永遠にそいつらより若い」に改題)で2005年に、「あひる」で芥川賞候補となった今村夏子が「あたらしい娘」(刊行時「こちらあみ子」に改題)で2011年に、「さようなら、オレンジ」で芥川賞候補となった岩城けいが同作で2013年に、それぞれ同賞を受賞している。

ABOUTこの記事をかいた人

あとーす

蓼食う本の虫 主宰。文芸同人「無間書房」で短編小説や140字小説を書いています。