第一回「廣島小説大賞」作品募集中! 締め切りは10月31日

広島県で出版などを行っている株式会社ザメディアジョンが「廣島小説大賞」の作品を募集している。

締め切りは10月31日。字数制限は400字詰め原稿用紙換算で20枚程度、もしくは8000字程度。広島(広島県内の地域、スポット)がテーマあるいはモチーフとして含まれた小説であることが条件となる。

大賞賞金は100,000円で、優秀賞・佳作などもあわせた15作品が短篇集として出版される。

詳細は記事最下部に記載する。

 

「廣島小説大賞」がどのような意図で開催されているのか。株式会社ザメディアジョンの担当・西村さんにお話を聞くことができた。


●どのような経緯で廣島小説大賞を開催することになったのでしょうか。
広島を拠点にしている弊社から、広島の活字文化を盛り上げる活動をしていきたいという話がありまして。
その活動の一環として、小説大賞を開くことになりました。

●廣島小説大賞の目的を教えてください。
広島の活字文化の盛り上げになります。
広島本屋大賞という賞もあるのですが、その前段階で、まだ表に出ていない隠れた才能の発掘につながればと思っています。

●どのような作品を期待しますか?
広島には素晴らしい海や山があります。もちろん、広島市は人口100万人を超える都市です。
作品では、それぞれの場所の素晴らしい情景が目に浮かぶような作品を期待しております。


僕も広島には何度か訪れたことがあるが、様々な観光名所があり、とてもご飯が美味しいところだった。

また、市街地も大変良い所だが、特に印象に残っているのが宮島。島に入るとたくさんの鹿が歩いており、海の中に立つ厳島神社の大鳥居を初めて見た時はまるで異世界へ来たかのような感覚に陥ったものだ。

廣島小説大賞には、特に居住地の制限はない。広島に住んでいる方は、自分と密接に関わりのある広島の風景を小説に織り込むことができるだろう。また、広島以外に住んでいる方も、たとえば広島へ旅行へ行った時の印象などから想像を膨らませるのも良い。

地方文学賞は他の自治体にもたくさんあるものの、その自治体に居住している人や出身者のみに応募資格を限るものが少なくない。その点、廣島小説大賞は誰にでも門戸が開かれている。

また、8000字程度というのは小説初心者でも気軽に書いてみることができる文字数だ。

この秋は、ぜひ廣島小説大賞に挑戦してみてはどうだろうか。

 

(以下、募集要項詳細)
正確な情報は、廣島小説大賞募集要項ページをご確認ください。

ザメディアジョン小説大賞
応募要項

<廣島小説大賞>
■内容
広島(広島県内の地域、スポット)がテーマあるいはモチーフとして含まれた小説であること。

■資格
プロ・アマ問いません。原稿は未発表の作品に限ります。また、他の文学賞に応募したもの、自費出版したものは対象外とします。

■応募原稿
400字詰め原稿用紙換算で20枚程度、もしくは8000字程度でご応募ください。その際は、作品集でひとつのファイルにまとめてお送りください。

■応募方法
文書形式(.doc .docx .txt.pdf)で保存したファイルを、下記アドレスよりお送りください。(手書き原稿や持ち込みは不可)
1ページ目に必ず
・作品タイトル(フリガナ)
・ペンネーム(フリガナ)
・氏名(フリガナ)
・郵便番号 住所(フリガナ)
・電話番号、メールアドレス
・生年月日、応募時年齢
・出身地(市町村まで)
・経歴、文学賞応募歴

■応募メールアドレス
en@mediasion.co.jp

■賞
大賞1名、優秀賞4名、佳作10名
大賞賞金100,000円
受賞作品は短編集として出版いたします。

■応募締め切り
2017年10月31日

■選考方法
選考委員とザメディアジョン出版部により選考いたします。

■発表
2018年1月
ザメディアジョン出版部ホームページ上にて受賞作および詳細を発表いたします。

■出版その他
受賞作および候補作の出版権は株式会社ザメディアジョンに帰属します。また、雑誌掲載
権、web上の掲載権、その他の二次的利用権は賞の規定により10年間、株式会社ザメディ
アジョンに帰属します。ただし、当該権利料は賞金に含まれます。

■諸注意
応募原稿は返却いたしません。
未発表原稿に限ります。なお、他の文学賞との二重投稿はご遠慮ください。
審査途中での問い合わせには応じられません。

■主催
株式会社ザメディアジョン