『yom yom』に短編掲載のチャンス エブリスタと合同でコンテスト開催

第3回「yom yom短編小説コンテスト」が開催される。募集期間は2018年11月5日〜2019年1月31日。大賞受賞作品は『yom yom』に全文が掲載され、編集長の講評も受けることができる。

『yom yomu』は新潮社が配信している総合文芸誌。2006年に創刊され、長らく紙の雑誌で年に4回(途中で5回の時期もあり)発行されていたが、2017年2月発売の43号で紙の発刊は終了。44号からは電子版として奇数月に配信している。

過去に『yom yom』で連載された作品としては、森見登美彦『四畳半王国見聞録』、辻村深月『ツナグ』、梨木香歩『家守綺譚』などがある。

大賞作品のほか、準大賞に選ばれると作品の抄録が、入賞に選ばれると作品の抜粋がそれぞれ掲載される。

応募は、エブリスタにログインして作品を投稿する必要がある。応募方法の詳細などは、公式サイトを確認していただきたい。

第3回yom yom短編小説コンテスト