『文藝』リニューアル 2019年夏季号の表紙にクイックオバケを起用

河出書房新社の季刊文芸誌『文藝』が、約20年ぶりに誌面を大きくリニューアルした。2019年夏季号の表紙は、Twitterなどで話題を呼ぶクリエイター・クイックオバケを起用している。

ADには、本谷有希子『静かに、ねえ、静かに』や大森靖子『超歌手』などの装丁を手がけた佐藤亜沙美が迎えられた。

今回の特集は「天皇・平成・文学」。池澤夏樹×高橋源一郎の対談などが掲載されている。

また、前作が芥川賞候補にもなった古谷田奈月の長編「神前酔狂宴」370枚が一挙掲載される。