第59回メフィスト賞受賞の水墨画小説『線は、僕を描く』 6/25発売

第59回メフィスト賞を受賞した小説『線は、僕を描く』が、6月25日に搬入発売された。以下、あらすじ。

両親を交通事故で失い、喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、
アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。
なぜか湖山に気にいられ、その場で内弟子にされてしまう霜介。
反発した湖山の孫・千瑛は、翌年の「湖山賞」をかけての勝負を宣言する。
水墨画とは筆先から生み出される「線」の芸術。描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも魅了されていく彼は、
線を描くことで恢復していく。そして一年後、千瑛との勝負の行方は。

著者の砥上裕將は1984年生まれの福岡県出身。自身も水墨画作家の顔を持つ。なお、『線は、僕を描く』のコミック版はすでに週刊少年マガジンで連載中。

詳細は、公式サイトを参照のこと。
『線は、僕を描く』公式サイト

Aamzonでは、6月27日発売で、現在予約を受け付けている。

メフィスト賞は講談社が出版する雑誌『メフィスト』で常時募集されている賞であり、優秀作品は出版される。過去の受賞者としては、森博嗣、舞城王太郎、西尾維新、辻村深月などが名を連ねる。

メフィスト賞については、以下のサイトを参照のこと。
メフィスト賞原稿募集!