2017年1月に文学フリマ京都が開催決定! 関西圏では年2回の開催に

bunkyo

本日3/15、文学フリマ事務局より「文学フリマ京都」が2017/1/22(日)に開催されることが発表されました。

次回で第4回を迎える文学フリマ大阪も2017年に第5回を開催されることが予想されるため、関西圏では年2回の文学フリマが実現することになります。
文学フリマ京都のTwitterアカウントと、文学フリマ京都事務局通信も公開されています。

 

1度だけ文フリ大阪に行ったことがあるのですが、京都を拠点に活動しているサークルも多かったので、文フリ京都も盛り上がること必至。

募集サークル数も、文フリ大阪と同数の200サークルを予定しています。

京都は日本の中でも特色ある風土と文化を持っているので、この文フリ京都に合わせて各サークルが京都にまつわる本を用意すると、大変盛り上がるのではないかと思います。

 

僕は熊本在住なので、福岡とは別にもう1箇所くらいは気軽に行けるところがほしいところ。やはり、九州から関西はちょっと遠いですね。

四国や中国地方でも開催されれば、とても嬉しいなと思います。

文学フリマ事務局では、文学フリマ百都市構想を掲げています。このところの開催発表ラッシュを見ていると、この先10年くらいで百都市達成できるのではないか、という気持ちになります。

現在のところは最低でも100ブースを募集していますが、地方都市であれば、もっと小規模に行ってもいいのではないでしょうか。

 

また、文芸同人誌即売会としてはText-Revolutions(テキレボ)にも注目したいところ。文フリとはまた違った文化圏を形成しているようです。

福岡では詩を中心にした福岡ポエイチや、詩オープンマイクイベント福岡ポエトリー、服飾雑貨なども頒布されているCollage Event Adeなど、様々な文芸にまつわるイベントが開催されています。

また、今年の6月に開催される静岡文学マルシェにも注目したいところ。直参8サークル、委託23サークルと小規模なイベントですが、それだけに人と人との距離が近く、今後にも期待できるイベントとなりそうです。

 

文学フリマ京都開催の話から大きく逸れてしまいました。文フリ京都に参加する皆様、原稿に追われる年の瀬とならないよう、早めに取り掛かりましょう……!

【参考】
文学フリマ – 文学フリマ公式サイト-お知らせ

文学フリマ京都事務局通信

Text-Revolutions – テキレボはテキスト系同人誌即売会と感想紹介、他コラムなどを中心にした総合文芸企画サイトです!

福岡ポエイチ

福岡ポエトリー

福岡創作系同人&ハンドメイドオンリーイベント Collage Event Ade

静 岡 文 学 マ ル シ ェ