Genkoは、小説を書く人のためのQ&Aサイトです

初めての小説同人誌は何部刷るべき?

+4 支持
あとーす Crow (2,550 ポイント) 1/18 質問 出版
小説同人誌(あるいは詩・短歌・評論などのテキスト系同人誌でも結構です)を作ったことのある方に質問です。

・その同人誌を作ったときに、どのくらいの部数を刷りましたか?
・その同人誌を持って行ったイベントで、何部くらい売れましたか?
・その後、イベント参加や通販などで、どのくらいの期間ですべて売れましたか?

今までに小説の同人誌を3冊出しているのですが、未だに何部くらい刷っておくのが適切かわからず、質問させていただきました。

できれば、参加したイベントや通販の有無なども教えていただけると幸いです!

回答 4

+2 支持
和菓子 Owl (5,500 ポイント) 1/19 回答
あとーす 1/23 選択
 
ベストアンサー
 初めて関わった同人誌は、約100頁の評論系で、黒字ギリギリの頒価設定で、表紙を印象的なものにして、手に取りたくなる煽り文句をつけて、現代的なテーマで統一して、界隈で有名なかたに寄稿してもらって、ビオトープの分析をして、その周辺にきっちり広告を打って、売り子を女子大生にして、東京文フリで全150部を頒布できました。もちろん生存者バイアス的なものもありますが、頒布数を稼ぐための手立てはいくらかあって、それを条件的にクリアしてゆけば100部は頒布できると思います。
 無戦略でコネなし単独で挑むのであれば、小説系で20~30部(在庫を抱えてもよいなら100~200部を刷って長期的に頒布する)ぐらいがいいかなあという印象です。学生サークルで、メンバーがそれぞれ別途の知り合いに営業をかけられるなら50~60部ほど刷っても困ることはないと思われます。社会人サークルでも、まあコネで手にとってもらえそうならおなじく50~60部をさばけそうですね。
 小説外ではコンテンツに引っ張られる部分が強いというのもあります。細分化された「情報系オンリー即売会」みたいなものもありますし、東大の学祭で「過去問研究」と銘打っているサークルは待ってるだけでバリバリ売れていますし、「サークラ」みたいなマーケティングさえ必要なさそうな最強のコンテンツもあって、なにひとつ確かなことは言えませんが、同人誌のビオトープにあわせて持ち込む数をかえるべきだと思います。なんにせよ「じぶんの作ったものをどんなひとがほしがっているか一切わからない」ような状態では、すくなめに刷っておくのが無難かなあと感じます。
 蛇足ですが、あとーすさんクラスでもそういうことに困ったりするんだ、ということがわかって俺得なスレでした…笑
あとーす Crow (2,550 ポイント) 1/20 コメント
うちのサークルは在庫を抱えまくる覚悟で刷っているのでまあ良いかなと思っている部分もあるのですが、毎回「もうちょっと少なくても良かったかな…」と思ってしまいます(笑)

サークルのメンバーや、それぞれの営業力も考慮に入れるべきですねー。また、売れる本を企画するということも。狙って当てるのもなかなか難しいですが…。

ご回答ありがとうございました!
+1 支持
新士悟 Mouse (160 ポイント) 1/19 回答
文学フリマ福岡での経験です。
企画本=30部
小説集=20部
の計約50部を刷りました。

企画本を400円、小説集を300円で販売したところ、合わせて5部程度が売れ残りになりました。
売れ残りはだいたい次のイベント参加時に売り切ることが出来ているかと思います。

ご参考になれば嬉しいです!
あとーす Crow (2,550 ポイント) 1/20 コメント
ご回答いただきありがとうございます!

やはり企画本の方が多めに刷られているんですね…。参考にさせていただきます!
+1 支持
匿名 1/19 回答
10部。

半分は協力してくれた方に。もう半分は売れたらラッキーという気持ちで。

ただしpixivで常時200以上のブクマがある方なら、50~100部。
あとーす Crow (2,550 ポイント) 1/20 コメント
ネットでの人気度なども重要なポイントになってきますよね…。ご回答ありがとうございました!
0 支持
匿名 1/20 回答
私の場合はイベントではなく、通販オンリーでした。

部数は事前のツイッターでアンケを参考にまずは80部刷りました。ですが、2日たたずに完売し、増刷希望も多かったので増刷をかけて、トータル130部位は売れました。

ちなみに内容は全年齢向けで、文庫サイズ110Pちょっとの本でした。価格は500円。ちょっと安くしすぎたと軽く反省(笑)
...