Genkoは、小説を書く人のためのQ&Aサイトです

タイトルってどうしていますか?

+3 支持
あきか Crow (2,360 ポイント) 1/30 質問 執筆
現在執筆&タイトル考え中なので、参考までに質問です。

タイトルってどうやって考えていますか?

短編やサブタイトルとかだと、「短編だし」とか「サブタイトルは、読まない人も居るし」と思いながら結構遊んでみたりするのですが。

(逆から書いてみたりとか、ポエムってみたりとか、なんか統一感出してみたりとか)

メインのタイトルとなると、真面目に考えなければならず中々決まりません。仮で決まっても微妙にしっくりきません。

というわけで、タイトルどうしてますか?

回答 4

+3 支持
阿佐翠 Dog (1,150 ポイント) 1/31 回答
あきか 2/3 選択
 
ベストアンサー
タイトルは一番最初に思いつく派の者です。参考にはならなさそうですが、一応回答を……。

作品の内容にもよるのですが、多くの場合は初めにポンとタイトルが浮かんできて、そこからプロットを広げていきます。その際に思いつくタイトルは、基本的に「自分がそのタイトルの本を見かけたら確実に手にとりたくなる」ものにしています。

この時点でタイトルはほぼ決定なんですが、とりあえずは仮題として、本文を書きながら内容に合うように微調整を施していき、最終版に落ち着く流れで決めています。

おむぱんださんの回答にもある「読み終わってタイトルを見た時に~」というコンセプトのタイトルの方が、完成度高い感じがして良いなぁと思いはするのですが、個人的にはどうしてもインパクト重視、見た瞬間に興味を惹かれるタイトルをつけがちですね。それもそれで作品の雰囲気にぴったりな場合もありますので、一長一短なところでしょうか……。

恩田陸さんの話で、「良いタイトルというのは、それを見た人がある程度内容をイメージできて、なおかつよくわからない部分があって、本当はどういう話なのかと興味をそそられるもの」というのがありました。『私の家では何も起こらない』などは特にそんな雰囲気を感じます。舞台や話の流れがなんとなく想像できるものの、どうやって話を進めるつもりなのかという想像の余地が残されている。それを確かめたいという興味が読者に手を伸ばさせるのかもしれません。

ともあれ、没個性なタイトルにはできるだけしないようにと心がけています。多数の作品があちこちに並ぶ中で、少しでも目についてもらえるものにしたいので。
あきか Crow (2,360 ポイント) 1/31 コメント
回答ありがとうございます。
最初にスパッと決められるのは、少しうらやましいかも。

「良いタイトルというのは、それを見た人がある程度内容をイメージできて、なおかつよくわからない部分があって、本当はどういう話なのかと興味をそそられるもの」
これには、なるほどと言う感じです。
こういうタイトルを考えるよう心掛けたいです。
+2 支持
おむぱんだ Crow (2,330 ポイント) 1/30 回答
私は必ず最後に決めています。

  作中で放たれた印象的な一言だったり、作品全体を通したイメージを表す一言などをタイトルにします。

  これは書いている時に思いつくこともあれば、読み返して「これだ!」となる事もあります。

  いずれにせよ、心がけているのは「読み終わってタイトルを見た時に、うあぁ、そういうことか!」となってもらえる事なんかを念頭に置いて、名付けています。

  タイトル考えるのって難しいけど、私はとても好きです笑  楽しいですよね!

  全て私の経験ですが、何かの参考になれば幸いです。
あきか Crow (2,360 ポイント) 1/31 コメント
あきか 1/31 編集
回答ありがとうございます。
最後に着けるのはいいかもしれませんね。
現在プロット作成中なので、その中で作るのが無理あったかも。
ちなみに、自分もタイトル付けるの好きです。
一見意味不明に見せて、読み終わった後だと意味が分かるようなのが自分の理想。
+2 支持
コユキ Crow (2,430 ポイント) 1/31 回答
コユキ 1/31 編集
プロットができたらタイトルを決めています。
ふんわりとした違いですが『作品をイメージしたもの』ではなく『内容を示すもの(可能なら内容がわかるもの)』にしています。

解釈が必要なレベルのポエムや、イメージソングの曲名をつけたりするのは避けるようにしています。
自分にしかわからない意味を込めたり、自分が楽しむための遊びは入れないようにしています。
(気付いてもらうためのそれらはありだと思っています)
あとはできるだけ日本語で考えるようにしています。
読む前から内容が伝わる、わかりやすいものを心掛けています。

わかりやすさを求めすぎて、『卵かけごはんを食べる話』とかにしてしまうこともあるのでタイトルは苦手です。
あきか Crow (2,360 ポイント) 1/31 コメント
回答ありがとうございます。
分かり易さで行くと、「キノの旅」とか「シュプルのお話」とか「シゴフミ」「デスノート」みたいなのでしょうか。
「91days」(復讐するまでの91日間の話)みたいなのはちょっと違うかも。
分かり易いタイプは、シンプルな分難易度が高い気がします。
というか、基本難しいですね、タイトル。

自分も「イメソンの曲名」と「読後も首を傾げるようなポエム」は避けますね。
イメソンは、歌詞や曲調からのイメージからイメソンにしていることが多いので、「曲のタイトルからくるイメージ」と「作品内容」じゃないから微妙にずれてますし。
ポエムは、「結局どういう意味?」になりますし。
捻るにしても、分かり易さは心掛けたい。

個人的に卵かけごはんを食べる話は、逆に少し気になるかも。
卵かけごはんだけでどう話動かしたんだろう。
+1 支持
矢吹慧舜 Mouse (220 ポイント) 1/31 回答
私の場合はプロットが決まってからイメージから仮タイトルを付けてみて、その後、話を進めた段階で良いと思ったものがあれば変更したりします。

決め方は、キャラクターが言いそうなセリフ、あるいは連想させるモチーフの組み合わせだったりします。本のタイトルで気になったものを手に取る方はそこそこいらっしゃるんじゃないかな、というのは個人的に思っているので、出来るだけパッと見で気になるタイトルにしようと心掛けています。逆にこんな話! とわかりやすいタイトルにするのが苦手です(それに、出来ればあまりしたくないです)。

作品の内容、作者さんの好み、意図によってタイトルの付け方は変わってくるのではないかな、と思います。
あきか Crow (2,360 ポイント) 1/31 コメント
回答ありがとうございます。
書き終わる前に決める派、結構いらっしゃいますね。
台詞やモチーフからの連想と組み合わせは、全てのタイトルに利用できそうかも。参考にします。

タイトルの好みに関しては、ここのコメント見てるだけでも、結構皆タイトルの好み違いそうです。
自分の作風、そしてその作風が好きそうな人が惹かれるタイトルをつけるのが一番いいかもしれません。
……どういうのがウケるのか、微妙に分からないのが悩みどころなのですが。
...