EXILE橘ケンチによる初小説『パーマネント・ブルー』が2/8(水)に発売

EXILE及びEXILE THE SECONDのパフォーマー・橘ケンチ氏の初小説『パーマネント・ブルー』が、株式会社文藝春秋より2023年2月8日(水)に発売されます。

『パーマネント・ブルー』概要

主人公は、横須賀で暮らす青年・相馬賢太(そうまけんた)。

高校三年生で出会ったダンスにハマり、大学進学後、本格的にダンスの道を志す。

やがてかけがえのない仲間とめぐり合った賢太はついにダンスチーム「PRIMAL IMPACT」を結成し、地元横須賀からさらに横浜、東京へと活躍の場を拡げていく。

目前に迫る大学卒業や、級友たちの就職活動の成果に心揺れながらも、仲間とともにダンスで生きていきたいと決意する賢太。

 

12月9日(金)には、「文藝春秋100周年オンライン・フェス」に出演し、作家・三浦しをん氏と対談しています。対談の様子はYouTubeで視聴可能です。

 

橘ケンチ氏は読書家として知られ、「本を通して様々な価値観に触れ、たくさんの人と共有したい」と、2017年にEXILE mobile内に「たちばな書店」を立ち上げています。