最大5,000円引き Amazon初売りセールでKindle端末がお買い得に 1/5まで

1月3日よりAmazonの初売りセールが開催されています。1月5日23:59まで。

セール対象となっている商品の中で、読書好きの皆さまにおすすめしたいのがKindle端末。3種類のラインナップがありますので、それぞれの特徴を紹介します。

また、その他の端末や、読書・執筆にに役立つセール対象商品の紹介も行います。

Kindle端末は4種類

Kindle端末は、Amazonが販売している電子書籍リーダー。その名の通り、Amazonの電子書籍サービスであるKindle書籍を読むことができます。逆に言うと、それ以外のことはほとんどできません。

しかし、e-inkでの表示はかなり読み味が良く、優しい光で読めるので寝る前の読書用として最適です。また、スマホの通知などに気を取られることなく読書に集中できるのも嬉しいポイント。

Kindle Oasis

Kindle端末のハイエンドモデルがKindle Oasis。セール中は、通常価格より5,000円安くなっています。

特徴は、7インチの大きなディスプレイ。下位モデルは6インチなので、 Kindle Oasis が頭ひとつ飛び抜けて大きいです。違いはたった1インチですが、特に漫画を読む時に体験がかなり違ってきますので、最高の読書体験を求める方には Kindle Oasis がおすすめです。

また、進む/戻るの物理ボタンを備えているのも特徴。ポチポチと押すだけでページ送りをすることができます。そのため、片手で持っての読書が非常にしやすいです。自動画面回転機能もついているので、ひっくり返して左手で使うことも可能となっています。

Kindle Peperwhite

電子書籍専用端末に2万5千円はちょっと……と思っている方におすすめなのでKindle Paperwhite。画面は6インチと少し小さめですが、解像度は300ppiでKindle Oasisと同等の性能を持ちます。それでいて価格は1万円以上安いので、コストパフォーマンスが高いモデルとなっています。

Kindle

Kindle専用端末をできるだけ安く買いたい方には、無印Kindleが選択肢に入ります。セール中は6,980円とかなりお安くなっております。解像度が167ppiに下がっている、防水機能がついていない、ベゼルがフラットではない、など機能が制限されている部分が多いのですが、とりあえずe-inkディスプレイを試してみたいという方にはおすすめできます。

Amazonのタブレットも安い

タブレット端末を買うのであれば動画なども見たいんだよな、という方におすすめしたいのがFireシリーズ。iPadなどのハイエンドタブレットに比べるとスペックは控えめなのですが、最安値の Fire 7 16GB は3,980円で購入することができます。

Kindle読書用に使用できる他、作業用BGMや動画の再生などに使うのも良いのではないでしょうか。

HHKB

僕の大好きなキーボード、 HHKB も初売りセール対象となっているので、紹介させてください。

このHHKBは静電容量無接点方式という方式を採用しており、スコスコとした気持ちの良い打鍵感が特徴。よく分からないな〜という方は、セブンイレブンのATMのキーを触ってみてください。あれが静電容量無接点方式です。

今回のセールで対象となっているのは、旧型のHHKB Proffesional2シリーズ。現行機種ではないものの、キータッチの素晴らしさは最新モデルに引けを取りません。有線接続しかしないという方にとっては、十分なモデルなのではないかと思います。

HHKBは矢印キーがないのが欠点として語られることが多いのですが、日本語配列モデルには矢印キーがちゃんとついています。矢印キーがない方が見た目がスッキリして良いという意見もあると思いますが、お好きな方を選んでいただければと思います。

無線接続モデルのHHKB Professional BT も、無刻印英語配列のみセール対象となっていました。

執筆者

93年生まれ 「蓼食う本の虫」主宰。主な関心領域は小説をはじめとした文芸全般。好きな作家は太宰治、好きなキーボードはHHKB。

関連記事