2021年本屋大賞に町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』

2021年の本屋大賞の結果が発表され、大賞は町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』に決定しました。

本屋大賞は、書店員有志で組織された「本屋大賞実行委員会」が運営する、書店員の投票だけで選出を行う賞。2021年の本屋大賞は、2019年12月1日から2020年11月30日までに刊行された小説が選考の大賞となっています。

2021年本屋大賞の順位は以下の通り。

  1. 町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』
  2. 青山美智子『お探し物は図書室まで』
  3. 伊吹有喜『犬がいた季節』
  4. 伊坂幸太郎『逆ソクラテス』
  5. 山本文緒『自転しながら公転する』
  6. 伊与原新『八月の銀の雪』
  7. 凪良ゆう『滅びの前のシャングリラ』
  8. 加藤シゲアキ『オルタネート』
  9. 宇佐見りん『推し、燃ゆ』
  10. 深緑野分『この本を盗む者は』

 

また、同時に翻訳小説部門も開催されており、こちらはディーリア・オーエンズ(著)/友廣 純(訳)『ザリガニの鳴くところ』が受賞しています。

2021年本屋大賞翻訳小説部門の順位は以下の通り。

  1. ディーリア・オーエンズ(著)/友廣 純(訳)『ザリガニの鳴くところ』
  2. ジャン=クロード・グランベール(著)/河野万里子(訳)『神さまの貨物』
  3. ラーラ・プレスコット(著)/吉澤康子(訳)『あの本は読まれているか』

▼本屋大賞

created by Rinker
¥1,672 (2021/07/26 07:20:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,584 (2021/07/26 07:20:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,655 (2021/07/26 07:20:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/07/26 07:20:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,782 (2021/07/26 07:20:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,584 (2021/07/25 17:03:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,620 (2021/07/26 07:20:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
新潮社
¥1,815 (2021/07/25 17:03:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,386 (2021/07/26 07:20:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,485 (2021/07/26 07:20:49時点 Amazon調べ-詳細)

▼本屋大賞翻訳小説部門

created by Rinker
¥1,881 (2021/07/25 17:03:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ポプラ社
¥1,540 (2021/07/25 17:03:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,710 (2021/07/25 17:03:50時点 Amazon調べ-詳細)

2021年本屋大賞について、詳細は以下のサイトもご覧ください。

本屋大賞のサイトを見に行く