第34回 「三島由紀夫賞」「山本周五郎賞」 候補作品発表 選考会は5/14

第34回 「三島由紀夫賞」「山本周五郎賞」が発表されました。

三島由紀夫賞の候補作品は以下のとおり。

  • 『水と礫』藤原無雨(2020年11月 河出書房新社刊)
  • 『旅する練習』乗代雄介(2021年1月 講談社刊)
  • 『リリアン』岸政彦(2021年2月 新潮社刊)
  • 『彼岸花が咲く島』李琴峰(「文學界」2021年3月号)
  • 『象の皮膚』佐藤厚志「新潮」(2021年4月号)

候補作のうち、『水と礫』は第57回文藝賞受賞作品。作者の藤原無風氏は、マライヤ・ムーという別名義でライトノベルの共著を出版した経験があります。また、『旅する練習』は先日結果が発表された第164回芥川龍之介賞で候補作となっていました。

選考委員は、川上未映子氏、高橋源一郎氏、多和田葉子氏、中村文則氏、松家仁之氏の5名。なお、第三十四回三島由紀夫賞は令和二年四月より令和三年三月までに発表された作品を選考の対象とし、文学の前途を拓く新鋭の作品一篇に授賞します。

山本周五郎賞の候補作品は以下のとおり。

  • 『犬がいた季節』伊吹有喜2020年10月双葉社刊
  • 『八月の銀の雪』伊与原新2020年10月新潮社社刊
  • 『とわの庭』小川糸2020年10月新潮社刊
  • 『高瀬庄左衛門御留書』砂原浩太朗2021年1月講談社刊
  • 『テスカトリポカ』佐藤究2021年2月KADOKAWA刊

選考委員は、伊坂幸太郎氏、江國香織氏、荻原浩氏、今野敏氏、三浦しをん氏の5名。なお、第三十四回山本周五郎賞は令和二年四月より令和三年三月までに発表された作品を選考の対象とし、原則としてすぐれて物語性を有する新しい文芸作品一篇に授賞されます。

詳細につきましては、新潮社のページもご覧ください。