第74回日本推理作家協会賞が決定 長編部門は『インビジブル』『蝉かえる』

4月22日に第74回日本推理作家協会賞が発表され、長編及び連作短編部門は坂上泉『インビジブル』(文藝春秋)、櫻田智也『蝉かえる』(東京創元社)が受賞しました。

また、短編部門は結城慎一郎『#拡散希望』(新潮社 小説新潮2月号)が、評論研究部門は真田啓介『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみⅠ フェアプレイの文学』『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみⅡ 悪人たちの肖』(荒蝦夷)が受賞となりました。

正賞として名入り腕時計、副賞は賞金50万円が贈られます。

なお、坂上泉『インビジブル』は、先日発表された第23回大藪春彦賞も受賞しています。

結果発表につきましては、日本推理作家協会のお知らせもご覧ください。

日本推理作家協会を主催する一般社団法人日本推理作家協会は、この4月にTwitterアカウントを開設しています。ミステリ好きの方はフォローしてみてはいかがでしょうか。

関連書籍

created by Rinker
¥1,800 (2021/10/17 02:12:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,529 (2021/10/17 02:12:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥280 (2021/10/17 02:12:58時点 Amazon調べ-詳細)