第12回創元SF短編賞の受賞作が決定 松樹凛「夜の果て、凪の世界」

4月27日に、第12回創元SF短編賞の受賞作が松樹凛「夜の果て、凪の世界」に決定したと発表されました。

創元SF短編賞は、東京創元社が主催する賞で、未発表の“広義”のSF短編を募集しています。第12回の応募作品数は550編で、1次選考に残ったのが66編、最終候補作となったのが7編でした。選考委員は、堀晃先生氏、酉島伝法氏の2名。

「夜のはて、凪の世界」は今夏刊行予定の《Genesis 創元日本SFアンソロジー》に収録された後、単体の電子書籍として刊行。また、朗読音源も配信されます。

なお、優秀賞を溝渕久美子「神の豚」が受賞しています。

第13回創元SF短編賞は現在作品を募集中。字数は40字×40行換算10〜25枚程度で、締め切りは2022年1月11日。郵送も可能ですが、ウェブ応募が推奨されています。

第12回創元SF短編賞の結果発表について結果発表のおしらせを、第13回創元SF短編賞の募集については応募規定をそれぞれご参照ください。