大賞賞金100万円×6部門 第3回カクヨムWeb小説コンテスト12月に開催決定!


KADOKAWAが提供する小説投稿サイト「カクヨム」で、第3回Web小説コンテストを開催することが発表された。開催期間は2017年12月1日(金)~2018年1月31日(水)。

今回は6部門での開催となる。それぞれ大賞賞金は100万円で書籍化もされる。また、各部門で特別賞が選出されることもあり、こちらも書籍化される。

なお、読者選考期間締切時点までに本文が10万文字以上である必要がある。

 

カクヨム編集部からも発表されているが、前回の第2回から大きく変わったのは以下の点だ。

①特別賞・読者賞の設置
「大賞」以外の賞として、「特別賞」と「読者賞」が設けられた。

なお、特別賞に関しては前回まで応募要項に記載がなかったものの、第1回は19作品、第2回は9作品が選出されている。今回は、特別賞は書籍化が約束されているのが前回までと異なる点だ。

また、読者賞は大賞及び特別賞受賞作品の中から最も多くの読者の指示を集めた作品に授与され、KADOKAWAの協力なバックアップを受けて出版される。


②応募部門の見直し

応募部門が見直され、前回7部門→6部門となった。

前回より引き続き募集しているのは「異世界ファンタジー部門」「恋愛部門」「ラブコメ部門」だ。「SF部門」と「現代ファンタジー部門」は統合されて「SF・現代ファンタジー部門」となった。また、「ドラマ・ミステリー部門」がなくなり、「ホラー部門」と統合されて「ホラー・ミステリー部門」となった。また、「ドラマ」の代わりだろうか、新たに「キャラクター文芸部門」創設された。

詳しくは、下図をご参照いただきたい。


③開催期間の延長

前回は開催期間がおよそ1ヶ月半であったが、今回は12月1日~2018年1月31日の2ヶ月となっている。


④選考編集部の変更

第2回の選考参加編集部から「ドラゴンブック」がなくなり、「ゲーム・企画書籍編集部」と「ファミ通文庫」が加わって、12編集部での選考となる。

 
コンテスト特設サイトでは詳細が応募要項等が掲載されているほか、各部門の各編集部が応募作品に期待する構成要素も公開している。実際の作品執筆に取り掛かる前にぜひチェックしておきたい。

 

また、Twitterでコンテストへの参加表明をすることで1000円分の図書カードがもらえるキャンペーンも実施されている。コンテストに応募しようと考えている人は、参加ツイートをしておくと良いだろう。


この記事が面白かったら……