おすすめ小説

「天使」を通じて探偵の存在意義を問う、特殊設定ミステリ/斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』

概要 孤島の館で起こる連続殺人事件。 本作を一言で表すなら、そういうことになる。 いわゆるクローズドサークル。ミステリの世界では王道中の王道シチュエーションだ。 しかし本作では、ここに「天使」という異次元の存在を加え、物…