早川書房が「ピーターラビット」シリーズ全23巻を新訳で刊行 訳者は川上未映子

早川書房が2022年3月より絵本「ピーターラビット」シリーズ(全23巻、新訳版)の刊行を開始します。翻訳を手掛けるのは小説家・詩人の川上未映子氏。

ピーターラビットの初版刊行から120周年を迎える2022年、フレデリック・ウォーン社との連携により、早川書房は日本におけるピーターラビットの公式出版社となりました。

映画やアニメーションでも親しまれているピーターラビットとその仲間たちは、ビアトリスク・ポターによる23巻の絵本が原点。その絵本シリーズは2002の出版100周年を機に、『The Tale of Peter Rabbit(ピーターラビットのおはなし)』に挿絵を6点加え、全作の挿絵を初版の色彩に近づけるなど、ポターの意図を汲み取るべく全面的な改訂がほどこされ、The original and authorized editionとして刊行されています。今回刊行される早川書房版は、その挿絵、装幀、造本を活かしたつくりに。

▼刊行によせて
「贅沢な時間を過ごしています。瞬きを忘れるような絵の繊細さ、つよさ、ポターがその観察と描写とにかけた思いが、すべての文章、すべてのページから迫ってきます。たまらないのは、美しく、たくらみのある音とリズムをどう再現するのか。このユニーク極まりない住人たちの物語と絵の響きあいを、どんなふうに表現するのか。ああでもない、こうでもないと考えながら、しかし楽しくてなりません。言葉のひとつひとつ、声と音の流れ、色と線のすみずみまでをあじわいながら、しっかりやっていきたいと思います」川上未映子(小説家・詩人)

「世界中で120年にわたり愛されてきた絵本〈ピーターラビット〉シリーズの日本における公式出版社となれることを光栄に思います。川上未映子さんによる清新な翻訳で、ピーターラビットと仲間たちの普遍的な魅力をお届けしていきます」早川浩(早川書房代表取締役社長)

「早川書房と手をとり、ビアトリクス・ポターによる公式の作品を日本に届けることができて嬉しく思います。このブランドへの愛と熱意を私たちと共有する早川書房は、ピーターラビット生誕120周年を祝い、ビアトリクス・ポターの文学的遺産をつぎの世代につないでいく、最高のパートナーとなるでしょう」イグレイン・カドロック(ペンギン・ランダムハウス・チルドレンズ 編集ディレクター)