2019年度「山形小説家・ライター講座」開催せまる

1997年より続く自主運営の文学講座「山形小説家・ライター講座」の2019年度講座が4月28日(日)より始まる。講座は月1回開催され、全12回。

2019年最初の講師は、ドラマ『相棒』シリーズも手がける小説家・脚本家の太田愛。

その後も、あさのあつこ、穂村弘、今村翔吾、三浦しをん、佐藤多佳子、朱川湊人、角田光代・井上荒野・江國香織、阿部智里、川本三郎、酒井順子、有栖川有栖、と豪華な顔ぶれが並ぶ。

月毎に受講することも可能で、1回受講は一般2000円、大学生1000円。年間受講の場合は一般20000円、大学生10000円。なお、高校生以下は無料となっている。

講座前にテキストを提出すると、講師による講評を受けられる可能性がある。

詳しくは、以下のページを参照のこと。

山形小説家・ライター講座

執筆者

蓼食う本の虫 主宰。文芸同人「無間書房」で短編小説や140字小説を書いています。

関連記事