三省堂が「今年の新語2020」の一般公募を開始


三省堂は、「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2020』」を実施し、候補を本日9月1日(火)より募集する。選ばれたベスト10の言葉には、国語辞典としての言葉の解説(語釈)を付し、選考発表会にて発表する予定。Webの応募フォーム、またはTwitterによる投稿で応募を受け付けている。

「今年の新語」とは……
この2020年を代表する言葉(日本語)で、
今後の辞書に採録されてもおかしくないものです。
候補となるのは――

「今年特に広まった」と感じられる言葉。今年誕生したかどうかは問いません。
≪昨年の例≫-ペイ、サブスク、電凸

自分自身や周りの人が、ふだんの会話等でよく使うようになった言葉。
≪昨年の例≫反社、カスハラ、置き配

流行語や時事用語、新しい文物でもかまいません。
≪昨年の例≫あおり運転、垂直避難、ASMR

従来の新語・流行語ランキングの違いとして、あくまで「今年特に広まったと感じられる新語」を対象としており、必ずしも「今年生まれた言葉」ではないという点を挙げている。

【三省堂 辞書を編む人が選ぶ「今年の新語2020」 企画概要】

  • 実施概要:三省堂が2020年を代表する新語を募集します。応募いただいた新語などから選考委員が厳正に選考の上、「今年の新語」ベスト10を選出し、国語辞典としての言葉の解説(語釈)を付して発表いたします。
  • 募集期間:2020年9月1日(火)~11月11日(水)
  • 応募方法:「今年の新語 2020」特設サイトの応募フォームもしくはTwitterにて投稿してください。
  • 選考方法:当社刊行の4つの国語辞書『新明解国語辞典』『三省堂現代新国語辞典』『三省堂国語辞典』『大辞林』を対象に、編集委員会の先生2名と編集部から構成される「今年の新語2020選考委員会」が公平・公正な観点から厳正に選考します。
  • 選考結果の発表:選考発表会(日時は後日発表)で「今年の新語2020」ベスト10を発表します。また、選考発表会終了後、「今年の新語2020」特設サイトに選考結果を掲載します。
  • 賞品:期間中に特設サイトの応募フォームもしくはTwitterにてご投稿いただいた方の中から、抽選で50名様に図書カードネットギフト1,000円分をプレゼントいたします。

過去の選考結果と選評を見る