「さよなら ドビュッシー」シリーズ最新作『おわかれはモーツァルト』が12月18日に刊行

中山七里氏による音楽ミステリー「さよなら ドビュッシー」シリーズの最新作『おわかれはモーツァルト』が12月18日に宝島社より刊行されます。

created by Rinker
¥1,760 (2022/01/18 13:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

「さよならドビュッシー」シリーズは第1作が映画化され、『このミステリーがすごい!』大賞も受賞しています。また、シリーズ累計162万部を突破。

▼あらすじ
2016年11月。盲目ながら2010年のショパン・コンクールで2位に入賞したピアニスト・ 榊場隆平(さかきば・りゅうへい)は、クラシック界の話題を独占し人気を集めていた。そんなある日、「榊場の盲目は、自身の付加価値を高めるための芝居ではないか」と 絡んでいたフリーライターが銃殺され、榊場が犯人として疑われてしまう。事件は深夜、明かりの消えた室内で起きた。そんな状況下で殺人ができるのは、容疑者のうち、生来暗闇の中で暮らしてきた榊場だけだと警察は疑わない。窮地に追いやられた榊場だったが、そんな彼のもとに、榊場と同様ショパン・コンクールのファイナルリストに名を連ねたあの 男が駆けつける――!

created by Rinker
¥1,760 (2022/01/18 13:49:17時点 Amazon調べ-詳細)