メカニカル青軸には気分を高揚させる魔力がある


皆さんは文章を書くときにどんなキーボードをお使いでしょうか。昨今はスマートフォンだけで小説を書く方も多いと聞きますが、長時間の執筆ではまだまだPCにも分があるはず。そして効率的に楽しく文章を書いていくためには、相棒として良いキーボードが欠かせません。

僕は、自宅でも職場でもHHKB Professonal HYBRID Type-S 日本語配列/墨 を使っています。静電容量無接点方式のコンパクトなキーボードで、肩を開いて良い姿勢を保つために、2台並べて使って使用。ちなみこのキーボード、お値段は1台3万5千円ほどとなります。

ここまでキーボードに投資をしたらもうこれ以上お金をかけることもない、と思っていたのですが、ふとした瞬間に悪魔の囁きが聞こえてきました。「このままメカニカルキーボードの打ち心地を知らずに死ぬのか……?」と。

高級キーボードの種類

ちょっとお高めなキーボードは、大きく2つの種類に分けられます。

ひとつは静電容量無接点方式のキーボード。これは僕が使っているHHKBや、東プレのRealforceなどが有名です。スコスコスコッという擬音で表現されることの多い独特の打鍵感が特徴。普段ノートPCなどの薄いキーボードを使っていると慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、手に馴染むと、指に吸い付くような心地良さがあります。

そしてもうひとつがメカニカルキーボード。機械式接点を持つキースイッチを採用したキーボードで、静電容量無接点方式に比べると概ね価格が抑えられており、種類も豊富です。また、「軸」というパーツの種類によって打ち心地も千差万別。自作キーボードのほとんどはメカニカル方式を採用しており、まさに沼の入り口です。

HHKBは本当に最高なのでこれ以上投資の余地など全くないのですが、浮気心を発動させてしまいました。メカニカルキーボードに触れることで、一体どうなってしまうのか……。

Majestouch Convertible 2 日本語配列 青軸 を購入

メカニカルキーボードを買ってみようと決めてから、電気屋さんなどで試打を行ってきました。候補を絞っていき、最終的に購入したのがMajestouch Convertible2 Tenkeylessです。

打ち心地の良いキーボードは他にもたくさんあったのですが、無線接続である程度コンパクト、さらに日本語配列が用意されているモデルという条件で探したところ、最も適合するのがこのキーボードでした。

なお、僕がこのキーボードを買った直後に、さらにコンパクトで無線接続ができるMajestouch MINILA-R Convertibleという製品が発表されたのですが、悔しいので見なかったことにしています。

メカニカルキーボードは、前述したように「軸」によって打鍵感が全く異なるのが特徴。試打をしてみた結果、僕は迷うことなく「青軸」を選択しました。青軸は別名「クリック軸」とも呼ばれ、カチカチとフィードバックの強い打鍵感が特徴です。あと、めちゃくちゃにうるさいです。さすがに職場で使うと迷惑かなと思い、家だけで使っています。

メカニカル青軸の愉悦

さて、この記事もMajestouch Convertible2 Tenkeylessの青軸で書いているのですが、このキーボードで原稿を書くと、はっきり言ってめちゃくちゃ楽しいです。

HHKBで文章を書くのはもちろん快適なのですが、それはHHKBが身体の一部になったような感覚なんですよね。だから、違和感なく長時間タイピングをすることができます。普段使いのキーボードとしてはかなり優秀なわけです。

それに対してメカニカル青軸はエンタメ色が強いです。とにかく打鍵感が強力でカチカチと音もうるさいので、「タイピングをしている!」という感覚が非常に強く、使うだけでテンションが上がります。長時間使っていると「うるさいな……」と感じてしまいますが、テンションが下がっている時にカンフル剤として使えるキーボードなわけです。

もちろん青軸をメインキーボードにしても良いとは思いますが、いつ何時でもうるさいので、人と通話しながらタイピングをするときなどは注意が必要かもしれません。

僕はこのキーボードを手に入れてから、だいたいHHKBが8割、Majestouchが2割くらいの割合で使い分けをしています。何となく気分が乗らないときはMajestouchで書きはじめ、順調に筆が乗ってきたら途中からはHHKBを使う、というようなことが多いです。

Majestouch Convertible2 Tenkeylessは、僕が購入したときは1万2千円くらいでした。キーボードなんて1000円くらいから買えるし、別にそれでも困ることもないので、この価格はかなり高めかもしれません。しかしHHKBが3万5千円であることを考えると、はるかにお得な気がしてしまいます。

メカニカル青軸には、書く気分を盛り上げてくれる魔力があります。騙されたと思って、ぜひ一度試してみてください。


執筆者

あとーす

蓼食う本の虫 主宰。文芸同人「無間書房」で短編小説や140字小説を書いています。