『文藝』最新号の特集は「怨」 遠野遥の300枚長編を掲載

7月7日に『文藝』2021年秋季号が発売となりました。特集は「怨」で、創作には尾崎世界観氏、大前粟生氏、樋口恭介氏などの名前が並んでいます。表紙もおどろどろしいものになっていますね。

また、『破局』で第163回芥川賞を受賞した遠野遥氏の受賞後第一作『教育』も掲載。原稿用紙300枚を超える長編作品となります。

『文藝』は2019年4月に大幅リニューアルされ、それから数えて今号が10号目。創刊から88周年を迎えた老舗文芸誌の更なる快進撃に期待したいですね。

created by Rinker
¥1,518 (2021/11/28 20:10:16時点 Amazon調べ-詳細)