文学全集の革命『小学館世界J文学館』1冊で125冊が読める

11月22日に発売された『小学館世界J文学館』は1冊で世界の名作125作品を収録する超本格的な文学全集です。

書店で購入できる『小学館世界J文学館』では見開き2ページで1冊の世界名作をイラスト・写真を使って紹介していて、QRコードを読み込むことで電子書籍で本文を読めます。つまり、紙の本で名作を選び、電子書籍で本文を読むしくみの全集です。

スマホでもタブレットでもパソコンでも好きなデバイスで楽しめます。

「J文学館」のJは、児童、ジュニア、次世代を指します。「児童向け文学全集」ですが、おとなも真剣に楽しめる名作がたくさん収録されています。「赤毛のアン」「宝島」のようなクラシックな児童文学のほか、「シェイクスピア物語」「三銃士」のような一般向け文学作品、そして日本で初めて訳される知られざる名作も24作品収録されています。

特設サイトでは、いくつかの作品を試し読みすることが可能です。

書籍詳細
小学館世界J文学館
A4判変形 オールカラー 268ページ ケース入り
価格5,500円(税込)
ISBN 978-4-09-289307-8

特設サイト(※特設サイトでは、いくつかの作品を試し読みが可能です。)
https://www.shogakukan.co.jp/pr/sekaij/

公式twitter
https://twitter.com/sekaij_pr