大前粟生『おもろい以外いらんねん』の予約受付が開始 発売予定日は1/27

河出書房新社より刊行される大前粟生氏の新刊『おもろい以外いらんねん』の各書店・通販サイトでの予約受付が開始されました。発売予定日は1月27日。

『おもろい以外いらんねん』は、『文藝』2020年冬季号に掲載された小説作品です。河出書房新社Webサイト掲載の内容紹介は以下の通り。

幼馴染の咲太と滝場、高校で転校してきたユウキの仲良し三人組。滝場とユウキはお笑いコンビ<馬場リッチバルコニー>を組み、27歳の今も活動中だが――。優しさの革命を起こす大躍進作。

「人を傷つける笑い/傷つけない笑い」に切り込んだ作品で、舞台は新型コロナウィルスが流行している現代の日本。お笑い芸人によるYouTube番組の模様が描写されるなど、世相を取り入れた作品になっているのも特徴です。装画は牛木匡憲氏で、装幀は佐々木俊氏。

著者の大前粟生氏は、京都市在住の小説家。既刊には書肆侃侃房から『回転草』『私と鰐と妹の部屋』、河出書房新社から『ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい』などがあります。

河出書房新社の紹介ページは以下。

河出書房新社 紹介ページ

Amazonでの予約受け付けも開始しています。

Amazonで予約する

また、大阪市中央区に店舗を構える toi books で予約を行うと、限定の描き下ろし特典がつきます。

toi books で予約する

執筆者

93年生まれ 「蓼食う本の虫」主宰。主な関心領域は小説をはじめとした文芸全般。好きな作家は太宰治、好きなキーボードはHHKB。

関連記事