\最新情報はTwitterから/

メルカリ「モノガタリ大賞」で1,000文字以内のショートストーリーを募集中(8/25〆切)

メルカリは、「モノガタリ by mercari」プロジェクト第2弾の一環として「モノガタリ大賞」の作品募集を8月4日よりスタートしました。「ショートストーリー部門」と「漫画部門」の2部門に分かれて募集が行われています。

応募テーマは「モノのと出会いと別れ」。ショートストーリー部門の場合、1,000字以内で作品を執筆することとなります。

ショートストーリー部門に参加するためには、まずTwitterでメルカリ公式アカウントをフォロー。モノガタリの原稿用紙を使って、1,000文字以内の作品を執筆します。その後、Twitterでハッシュタグ「#モノガタリ大賞」をつけて作品URLを投稿することで応募完了。

大賞に選出されると、大賞賞状と長場雄氏コラボ・オリジナルグッズが授与されます。また、大賞・入賞作品は、審査員からのコメントと合わせてWebサイトやメルカリ公式Twitterに掲載。なお、ショートストーリー部門の審査員は、ダ・ヴィンチ・恐山名義でライターとしても活動する小説家の品田遊氏が務めます。品田遊氏の参考作品「週末に月を買う」も公開されているので、執筆前の参考としてはいかがでしょか。

「モノガタリ by mercari」は、日本を代表する有名作家や、お笑い芸人・アーティストなど10名の書き手が書き下ろした「モノ」のストーリーをメルカリ公式Twitterで発表するプロジェクトとして202年4月に開始。

第2弾のトップバッターとして、川上未映子氏、岩井俊二氏、綿矢りさ氏が参加し、今後は秋・冬。春とシーズンごとに新たな書き手を加え、メルカリ公式Twitterにて作品を連載するとのこと。

「モノガタリ by mercari」についてはモノガタリ by mercari特設ページを、モノガタリ大賞についてはモノガタリ大賞特設ページをそれぞれご覧ください。


\最新情報はTwitterから/