エブリスタで「竹書房 最恐小説大賞」の応募受付開始 賞金10万円(11/30〆切)

AD

エブリスタで、エブリスタ大賞2021「竹書房 最恐小説大賞」の応募受付が開始されました。テーマは「恐い小説」で、字数は長編部門が10〜15万字程度、連作短編部門が6〜15万字程度。賞金は受賞1作品につき10万円(賞全体で最大50万円)。

テーマの「恐い小説」について、幽霊が恐いホラー、人間が恐いイヤミス、殺人鬼に狙われるサスペンスなど、ジャンルを問わず幅広く作品を募集。

応募は、エブリスタのコンテストページから設定を行うことで完了します。受賞作品は賞金のほか、竹書房からの書籍化が検討されるとのこと。また、優秀作品にはエブリスタ編集部からの選評がメールで送付されます。

なお、エブリスタでは、複数の出版社・メディアとコラボしたコンテスト企画「エブリスタ小説大賞2021」の一環として「集英社文庫 ナツイチ小説大賞」「集英社 女性向け3レーベル合同マンガ原作大賞」「めちゃコミック 男性向けマンガ原作賞」も開催しており、それぞれ受賞1作品につき10万円、書籍化・コミカライズ化が検討される企画となっております。

「竹書房 最恐小説大賞」の詳細については、エブリスタのコンテストページをご覧ください。

AD

記事を共有する