第45回川端康成文学賞が千葉雅也「マジックミラー」に

短編小説である第45回川端康成文学賞が、千葉雅也「マジックミラー」に決定しました。掲載誌は、書肆侃侃房より刊行されている文武学ムック『ことばと』vol.1。

千葉雅也氏は、一九七八年栃木県生まれで、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。二〇一九年『デッドライン』で野間文芸新人賞を受賞し、他の著書に『動きすぎてはいけない』『勉強の哲学』『意味がない無意味』『アメリカ紀行』などがあります。

川端康成賞は、1974年から続く歴史ある短編賞ですが、2019年に一時休止。今年2年ぶりの復活となりました。今回の川端康成賞の選考委員は荒川洋治氏、角田光代氏、辻原登氏、堀江敏幸氏、村田喜代子氏の5人。

なお、直近の受賞作には、保坂和志「こことよそ」、円城塔「文字渦」、山田詠美「生鮮てるてる坊主」などがあります。

▼関連書籍

created by Rinker
書肆侃侃房
¥1,650 (2021/05/15 10:03:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2021/05/15 10:03:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥703 (2021/05/15 10:03:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥704 (2021/05/15 10:03:03時点 Amazon調べ-詳細)