Audibleが日本国内の利用行動調査を発表 自宅での利用が46%

Amazon傘下のオーディオブックサービスであるAudibleが、2021年における日本国内の利用行動調査結果を発表しました。

ユーザーの利用シーンとして最も多かったのは「就寝前」で17%。そのほか「自宅でのリラックスタイム」「家事をしながら」を合計した自宅での利用が46%となりました。また、昨年最も多かった「通勤・通学」は、40%から26%へダウン。自宅で過ごす時間が増えたことで、家の中での利用が増えているようです。

そのほかに「コロナ禍での悩みにオーディブルは役立つと思いますか?」という質問に対しては、「おうち時間でできることが少ない」と悩む人の96%が、「役立つと思う」あるいは「約立つことがあると思う」と回答しています。

▼実際にAudibleを利用しているユーザーのコメント

  • 「オーディブルを聴き始めたのがきっかけで、ウォーキングの習慣が身についた。今では本を聴くために運動しています」
  • 「スマホ、PCなど、目を酷使する環境下で、本を読みたくても続けるのが難しかった。目を使わなくてよい、という点において何より有難いです」
  • 「もともと読書が趣味でしたが、子育て中で読書の時間をとれず、家事をしながらオーディブルを聴くことが数少ない楽しみのひとつです」

また、2021年オーディオブックランキングTOP10も発表。『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』『FACTFULNESS』などがランクインしています。

▼オーディオブックランキングTOP10

  1. 嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え
  2. 1%の努力
  3. ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣
  4. 2040年の未来予測
  5. オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る
  6. 幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII
  7. FACTFULNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
  8. 学びを結果に変えるアウトプット大全
  9. 人は話し方が9割
  10. 夢をかなえるゾウ

Audibleの使い方などについては、以下の記事もご覧ください。

Audibleの使い方を詳しく解説! 料金体系、操作方法、退会・休会のやり方など


(ユーザー調査について)
実施対象:日本のオーディブルユーザー(無作為抽出)
実施時期:2021年6月29日~7月8日
有効回答数:1439人
調査方法:インターネット調査