住野よる氏による新刊『恋とそれとあと全部』のイラストレーターがゴル氏に決定 ポスタービジュアル公開

株式会社文藝春秋より、住野よる氏の新刊単行本『恋とそれとあと全部』が2月24日(金)に発売されます。

イラストレーターを務めるのはゴル氏で、ポスタービジュアルが公開されました。ゴル氏は、音楽ユニット「ずっと真夜中でいいのに。」の楽曲「Ham」や歌手「Ado」の楽曲「花火」のミュージックビデオを担当してきたアーティストです。

ゴル氏コメント

高校生の時に住野よるさんの小説を知り当時衝撃を受けたのを覚えています。本が好きで、本屋さんに行くと必ず目に入っていた住野よるさんの新作のお手伝いができるのが本当に嬉しいです。

小説の魅力が表紙にも表現できるよう描かせていただきました!

住野よる氏コメント

また素晴らしいイラストレーターさんに出会わせていただきました。

ゴルさんが描かれた突き抜けるような青空のイメージが、この物語そのもののようです。

住野よる氏のデビュー10作目となる同作は、高校生の2人の周囲の登場人物がおりなす特別な夏を描いた作品になっています。

あらすじ

片想い男子とちょっと気にしすぎな女子。二人は友達だけど、違う生き物。
一緒に過ごす、夏の特別な四日間。

めえめえ(瀬戸洋平)は下宿仲間でクラスメイトの女子サブレ(鳩代司)に片想いをしている。
告白もしていないし、夏休みでしばらく会えないと思っていた。そのサブレが目の前にいる。
サブレは夏休み中に遠方にあるじいちゃんの家に行くのだが、それはある〝不謹慎な〟目的のためだった。
「じゃあ一緒に行く?」
「うん」
思いがけず誘われためえめえは、部活の休みを利用してサブレと共にじいちゃんの家を目指す。
夜行バスに乗って、二人の〝不謹慎な〟そして特別な旅が始まる――。

https://twitter.com/goru_777/status/1610941903486484482
住野よる氏は、2015年『君の膵臓をたべたい』でデビュー。同作で2016年「本屋大賞」第2位、Yahoo! 検索大賞“小説部門賞”など、数多くの賞を受賞しました。著書に、『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』『この気持ちもいつか忘れる』、『腹を割ったら血が出るだけさ』「麦本三歩の好きなもの」シリーズなどがあります。