『原田マハ、アートの達人に会いに行く』3/29(水)発売 「芸術新潮」で人気のインタビュー連載が単行本化

AD

原田マハ氏による「芸術新潮」でのインタビュー連載が『原田マハ、アートの達人に会いに行く』(新潮社)として3月29日(水)に単行本化し発売されました。

33人のアートの先達との対話集となっています。

33人の先達(敬称略)

福原義春、小池一子、石内都、馬渕明子、エマニュエル・プラット、ピエール・チェン、大原謙一郎、竹宮惠子、美輪明宏、鹿島茂、槇文彦、ドナルド・キーン、蓑豊、池田理代子、冷泉貴実子、伊勢彦信、リシャール・コラス、佐々木丞平、鈴木郷史、藤森照信、福武總一郎、山田洋次、小田豊、フジコ・ヘミング、高階秀爾、大野和士、伊勢英子、谷川俊太郎、青木淳、森佳子、安藤忠雄、原俊夫、圀府寺司

原田マハ氏は、関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍中の2000年、ニューヨーク近代美術館に半年間派遣。その後2005年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞し、翌年デビュー。2012年に発表したアートミステリ『楽園のカンヴァス』は山本周五郎賞、R-40本屋さん大賞、TBS系「王様のブランチ」BOOKアワードなどを受賞、ベストセラーに。2016年『暗幕のゲルニカ』がR-40本屋さん大賞、2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。

AD

記事を共有する