日本近代文学クイズ・書き出し編

日本近代文学における作品の書き出しについての問題です。問の文章から始まる作品をお答えください。

石炭をば早や積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静にて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。
ある日のことでございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。
私は、その男の写真を三葉、見たことがある。
親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。
…………ブウウーーーーーーンンンーーーーーーンンンン………………。
「ではみなさんは、そういうふうに川だと云いわれたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」
私はこれから、あまりに世間に類例がないだろうと思われる私達夫婦の間柄に就いて、出来るだけ正直に、ざっくばらんに、有りのままの事実を書いて見ようと思います。
長い影を地にひいて、痩馬の手綱を取りながら、彼れは黙りこくって歩いた。
「おい、地獄さ行ぐんだで!」
文学クイズ・書き出し編
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}