引越しの見積もりが怖かったので700冊の古本を宅配買取してもらいまいした

中学生くらいの頃から本を読むのが好きで、でもお金がないので古本でひたすらに小説を買い集めていました。社会人になってからは新刊も買うようになり、収集癖にさらに拍車がかかることに……。

6畳の生活スペースに、身長よりも高い本棚が3つ。さらにカラーボックスが4つ。もちろん壁面はすべて埋まり、さらに部屋の中央に本棚がそそり立っている状態です。これを小さな図書館状態と誇ることもできるでしょうが、どちらかといえばミニ漫画喫茶といった方がぴったりくるような狭苦しさです。

蔵書は軽く1,000冊を超えていたのですが、ここでリアル人生ゲームのイベントが発生しました。そう、引っ越しです。

引越し見積もりの恐怖

2020年の2月に今住んでいる部屋へ引っ越してきたとき、荷物はほとんど本だけでした。前の家では極力物を持たないようにしていたので、冷蔵庫も洗濯機もなく、20箱ほどのダンボール箱の8割には本がぎっしり詰まっていました。引っ越しのお兄さんはさぞ重かったことだろうと思います。

しかしこの1年半で生活は一変し、家電はあらかた買い揃えましたし、作業環境用にデスクもオフィスチェアも大型ディスプレイも設置しました。そしてもちろん、本もどんどんと積まれていきます。

そんな折に決まった引っ越し。やばい。絶対に見積もりがやばい。どう考えても、荷物の容量が2倍以上になっている。

なんとかしなければ……。もちろん、不用品はすべて捨てました。服だって減らしました。しかし、まだまだ怖い。他に何を捨てればいいというんだ!

……いや、僕ははじめからわかっていたんです。まずは本から処分するべきだということに。

中学生の頃に買った思い出深い本もあります。まだ1度も読んでいない本だってあります。でも、1,000冊の本を手元に置いていたところで、そのほとんどはまた開かれることはないのです。そうしている間にも、弊宅にはまた新刊がどんどん入荷されていきます。

見積もり。金。見積もり。金。……僕は断腸の思いで、所有している本たちに別れを告げることを決めました。

宅配買取を依頼する

本を処分するにあたり、取りうる選択肢は大きくわけて2つでしょう。

1つは、資源ごみとして処分すること。僕の蔵書にはコーヒーの染みができているものや破れてしまっているものがあり、そういうものは泣く泣く資源ごみに出しました。

もう1つの選択肢が、古本屋に買い取ってもらうこと。実家にいた頃も古本を何度か買い取ってもらったことがあり、その時は車で運んでいました。しかしここは大都会・東京で、僕は車を持っていない。1,000冊のうちかなりの量を処分しようと決めていたため、持ち込むのは現実的ではありません。

そこで、前々から存在だけは知っていた古本の宅配買取を使ってみることにしました。

色々なサービスがあるのですが、僕が使ったのはブックオフの宅配買取サービス
。実家にいた頃に古本を持ち込んでいたのもブックオフだったので、だいたいこのくらいで売れるだろうという相場感があったのが大きいです。また、値段のつかない本も引き取ってくれるので、とりあえず送ってしまえば手元から本を処分できるというのも良いところ。

手続きもそんなに難しくありません。ブックオフオンラインで会員登録を行い、箱数などを指定して申し込みを行うだけ。店頭での買取と同様に本人確認書類が必要ですが、スマホで写真を撮ってアップロードすれば終わりです。また、2回目以降は情報が保存されているので、本人確認書類をアップロードする必要はありません。

最終的におよそ700冊処分した

引っ越しの片付けや荷造りの進行状況に合わせて、僕は3回に分けて買い取ってもらいました。ブックオフオンラインで箱数と日時を指定すると、集荷にやってきてくれます。こちらは、ダンボールに本を詰めて待つだけ。

最終的に9箱送り、買取の内訳は以下のような形に。

  • 書籍→311点/30,977円
  • コミック→18点/206円
  • CD→4点/121円
  • ゲーム→3点/55円
  • 合計→336点/30,977円

そして、値段のつかなかったものが366点。合計で702点を送りました。買取合計金額は、しめて30,977円。

半分以上は値段がつかなかったわけですが、かなり古い書籍も含まれていたので、これだけ買い取ってもらえれば十分だなと思います。また、値段のつかなかった本についてはそのまま引き取っていただけるのもありがたい。この量を資源ごみとして出そうとすると、大変なことになるので……。

宅配買取はとても便利

宅配買取のおかげで、本棚はすっかり綺麗になりました。

ブックオフオンライン宅配買取の良いところは、配送料などがかからないところ。不要な本を段ボールに詰めて送れば、金額の多寡はわかりませんがとりあえずお金に替えることができます。

1冊ずつメルカリで売買すればもっと利益が大きかったかもしれませんが、700冊すべてを売るのは現実的ではないので、一括で買い取ってくれるのはかなり有り難いなと思いました。

引っ越し先でもどうせ本は増殖していくだろうと思うので、また機会を見て宅配買取を頼みたいなと思います。

1〜2ヶ月おきに買取金額UPキャンペーンを行っているようなので、急いでいない方は、キャンペーンが開催されいてる時期を狙うのがおすすめです。

ブックオフオンライン宅配買取